いつも良い結果を得ている人

やるからには良い結果が得たい、と願うのはあたり前のことですよね。

 

実は、いつも良い結果を得ている人には共通の習慣があります。

 

《コミットメント》という言葉をご存知でしょうか。

 

ライザップのおかげで有名になったので、言葉自体はご存知の方も多いと思います。

 

いつも良い結果を得ている人はもれなく、コミットメントを習慣としています。

 

コミットメントを嚙み砕いて言うと《やる前に結果を決める》ということです。

 

さらに噛み砕くと、思い描いた結果が訪れることを《確信》するように心を動かす、という感じです。

 

思い描いた結果は疑う余地のない事実である、とあなたの心が認めると、あなたに《確信》が訪れます。

 

《確信》がもたらす行動について身近な例を思い浮かべると、《飛行機に乗る》なんていうのはまさにそれですね。

 

飛行機に乗るという行動は、《あの重い鉄の塊が、目的地まで安全に自分を運んでくれる》という確信がもたらしています。

 

そしてその確信は正しいので、あなたは目的地まで安全に辿り着くことが出来ます。

 

その確信は知識がもたらしているのですが、そこまで深い知識がなくても、人は簡単に確信することが出来るのです。

 

では逆に、確信のない行動は何をもたらすのでしょうか。

 

確信のない行動は、《世の中が成り行き任せに決めた結果》をもたらします。

 

 

気に入ることもあり、気に入らないこともあるでしょう。

 

確信のない行動は、《どうなるか分からないけどやってみる》という選択が引き起こしていますが、そのほとんどは無自覚です。

 

 

もしあなたが良い結果を得られていないとしたら、その原因を探るための知識が不足している、ってだけです。

 

知識の不足は、学んで補うことができます。

 

知識を得るための関心も、育てることができます。

 

つまり《世の中の成り行き任せに従う生き方》は、誰でも簡単に変えることが出来るのです。

 

いつも良い結果を得ている人は、先にノウハウを知ってもまったく役に立たないことを知っています。

 

結果が先で、方法は後から生まれて来ることを知っているからです。

 

さあ、得たい月収を先に決めてください。

 

そこに辿り着くための地図はまだ描かれていませんが、あなたの中に確実に眠っています。

 

描きたくなったら、いつでも、いつまでも、お待ちしています。

 

あなたの中の眠れる巨人を起こすのが私の仕事だと思っています。

 

そして、何よりの楽しみでもあるのです。